過払い金

過払い金はグレーゾーン金利において発生する

過払い金,返還,請求,グレーゾーン,金利,借金,返済

 

グレーゾーン金利

 

過払い金が発生するほど高い金利設定のことをグレーゾーン金利と言います。
なぜ黒ではなく「グレーゾーン」なのか、それは昔の消費者金融やクレジット会社は
利息制限法を守っていなかったものの、出資法の方は守っていたからです。

 

 

 

出資法は利息制限法と同じく金利の上限を定めるものなのですが、
昔は内容に若干の違いがありました。利息制限法は借入額によって上限金利が15.0%、
18.0%、20.0%となっていますが、出資法は当時29.2%と非常に上限が高かったのです。

 

 

 

その上、罰則規定があるのは出資法だけだったので、
ますます当時の業界では出資法だけしか守らないでいいという風潮が強まりました。

 

過払い金,返還,請求,グレーゾーン,金利,借金,返済

 

しかし出資法の改正で事態は一変します。
上限金利が29.2%から20.0%に引き下がったのです。

 

 

 

現在は20.0%以上の金利の貸付を行った場合、刑事罰の対象になりますし、
20.0%以下の金利でも借入額を無視したものであった場合、
行政処分の対象になります。

 

過払い金の問題

 

これでグレーゾーン金利は消費者金融やクレジット会社においてなくなったわけですが、
過払い金の問題がなくなったわけではありません。

 

 

 

法律が整備されていなかったことは確かですが、
それでもグレーゾーン金利があった頃から利息制限法は守らなければいけないものでした。

 

 

 

そのため、当時の債務者は過払い金の返還を求める正当な権利を持っています。
もし利息制限法以上支払った借金があれば、返還手続きを検討するのがいいでしょう。

 

 

 

>>>過払い金返還請求手続きはどのように行えばいいか?