過払い金

過払い金請求でブラックリストになってしまう時とは

過払い金,返還,請求,グレーゾーン,金利,借金,返済

 

過払い金請求でブラックリスト

 

借金関係で怖いのがブラックリストです。実際にブラックリストという書類はありませんが、
実質的に多くの金融業者から借入を断られる状況をそう呼びます。
ブラックリストの仕組みは個人信用情報機関というところにあります。

 

 

 

借金をした時、その取引情報が個人信用情報機関に登録されます。
取引情報によっては延滞や債務整理などの悪い情報もあり、
それが登録されると各金融業者から問題人物扱いされるのです。

 

 

 

そして過払い金請求をすると延滞や債務整理と同様に債務者にとって
不利な情報として扱われることがあります。

 

過払い金,返還,請求,グレーゾーン,金利,借金,返済

 

2010年に過払い金請求における契約見直し情報としての登録は廃止されましたが、
それでもまだブラックリストになってしまうケースがあるのです。

 

ブラックリストになってしまうとき

 

そのケースはいずれも「借金がまだ残っている時」に過払い金請求をすることで起こります。
この状況で過払い金請求を行うと、借金が過払い金の返還によって減額されるわけですが、
減額後にまだ借金が残っていると、「債務整理」として個人信用情報機関に登録されてしまうのです。

 

 

 

また、もし過払い金の返還によって借金が完済した場合にも、
完済するまで一時的に「債務整理」の情報が個人信用情報機関に登録されることがあります。

 

 

 

一時的とはいえど、ブラックリストになっていること自体は変わらないので、
この時期に新たな借金をするといったことが難しくなります。
ただ、このケースは金融業者によって対応が違うので、ブラックリストにならないこともあります。

 

 

 

>>>完済かどうかを確かめてから過払い金を取り戻しましょう