過払い金

過払い金問題の相談は弁護士と司法書士のどちらにする?

過払い金,返還,請求,グレーゾーン,金利,借金,返済

 

過払い金問題の相談

 

過払い金返還請求手続きのサポートを依頼する場合、
弁護士もしくは司法書士が依頼先の選択肢になります。
しかし弁護士と司法書士は名前が違うだけでなく、実際に行う業務の内容も違います。

 

 

 

そのため、どちらを選んでも結果が同じというわけではなく、
選ぶ方によって過払い金の返還のされ方が変わる可能性があります。

 

 

 

業務内容としては弁護士の方がより交渉に携わるイメージです。
それに対して司法書士は登記を行うことが主な業務内容となり、
交渉に携わることはメインではありません。

 

過払い金請求額の制限

 

ポイントは過払い金請求額が140万円を超えるかどうかです。
実は司法書士は140万円以下の案件の交渉しかできないと決められています。

 

 

 

書類の作成はできるので、
140万円の過払い金で司法書士に依頼する時はそれだけを任せることになります。

 

 

 

弁護士は金額の制限がなく、どのような額の過払い金請求でも
すべての交渉を任せることができます。また、債務者側が弁護士を雇うと、
金融業者側も弁護士を用意するため、不要なコストを避けるために早期決着が予想されます。

 

過払い金,返還,請求,グレーゾーン,金利,借金,返済

 

私も過払い金請求を行った経験があるのですが、
弁護士と司法書士のどちらに任せるかすごく悩みました。

 

 

 

最初は司法書士が140万円以下の案件しか扱えないことを知らず、
司法書士含めて探し回っていました。

 

 

 

しかし私の過払い金は140万円を超えており、業者との交渉も行ってほしかったので、
結局弁護士を利用することになりました。交渉はうまくいき、150万円が返還されました。

 

 

 

>>>法律事務所に依頼した場合どのような費用がかかるのか