過払い金

過払い金請求手続きは基本的に早く行った方がいいです

過払い金,返還,請求,グレーゾーン,金利,借金,返済

 

過払い金請求手続きは早く

 

過払い金は金利の適用が認められる場合があるので、
人によっては「過払い金をあえてそのままにしておき、
利息を最大限増やす」ということを考えることもあるでしょう。

 

 

 

しかし、基本的には過払い金があることを知った場合、
すぐに手続きに移った方がメリットが大きいです。というのは、
過払い金は10年経つと時効になって請求権利が消滅してしまう可能性があるからです。

 

 

 

10年で権利が消滅というのは何も過払い金に限った話ではありません。
これは民法で決められていることで、債権すべてに適用されます。
そのため、債権を持っている場合、積極的にそれを行使しなければなりません。

 

過払い金請求の時効

 

「10年」というのはいつからいつまでかというと、「完済日から現在まで」となります。
グレーゾーン金利がまだあった時代に借入を行い、完済した経験がある人は
現在までにどれくらいの年月が経っているか確認しておくべきでしょう。

 

 

 

ただ過払い金は金融会社による不当な貸付で発生するものなので、
裁判所から大目に見てもらえるケースもあります。

 

過払い金,返還,請求,グレーゾーン,金利,借金,返済

 

また、過払い金を債権としてではなく、損害賠償として請求することもできます。
損害賠償はその損害が判明してから3年が時効なので、
引き直し計算を行ってからしばらく余裕があります。

 

 

 

過払い金をできるだけ早く取り戻したかった私はすぐに手続きを行いました。
利息を増やすなんて器用な真似はできませんし、それで時効が来れば元も子もありませんからね。
弁護士さんに依頼したらスピーディーに解決してくれました。

 

 

 

>>>倒産した金融会社に過払い金返還は求められる?